メールフォーム営業マガジンはBtoB専門の営業代行・営業コンサルティングを行うアイランド・ブレインが運営しています。

新規開拓方法として「メール営業」は有効?メリット・デメリットを紹介

これまで主流であった新規開拓方法は、企業へアポなしで訪問する飛び込み営業や電話営業でした。
しかし社会情勢や時代の流れとともに現在は「メール営業」も新規開拓方法の1つとして用いられることが増えてきました。

ですが果たして新規開拓方法として本当に「メール営業」は有効なのか。
気になりますよね。

そこで今回は、新規開拓方法として「メール営業」は有効なのか、メール営業のメリット・デメリットと合わせてご紹介します。

新規開拓方法として「メール営業」は有効?メリット・デメリットを紹介

ここ数年で営業手法の1つとして一気に導入されている「メール営業」。
本当に新規開拓方法として有効なのでしょうか?
そんな疑問にお答えすべく、新規開拓方法として「メール営業」は有効?と題して、メリット・デメリットを紹介していきます。

メール営業のメリット

  • いつどこにいても営業することができる
  • 1回のアプローチで自社商品の魅力や、導入メリットを伝えることができる
  • ツールなどを活用すれば、メール送信の自動化ができ、作業効率アップにつながる

メール営業の最大のメリットは、営業マン自身がどこにいても営業アプローチができる点です。
飛び込み営業だと直接訪問をする必要があり、電話だと会社内などの静かな場所で行う必要があります。

しかしメール営業は自宅でリモートワークしていても、電車で移動していても行える営業手法のため、今まで以上にアプローチの効率が上がります。

また、メールの文面も工夫次第で「話を聞いてみたい」と興味を惹くことができ、面倒な送信もツールを使えば自動で行ってくれます。
圧倒的な効率の良さがメール営業の特徴のため、メール営業経由で新規開拓をどんどん行っている企業も増えてきており、新規開拓方法として「メール営業」は有効的な手段といえます。

メール営業のデメリット

  • メールが開封されなければアプローチにならない
  • 迷惑メールとして受信拒否される可能性がある

そもそもメールは開封されない可能性が大いにあり、info@~のような代表のメールアドレスだと特に開封されにくい傾向にあります。
また、メールの機能として受信拒否をすることもできるため、せっかくアプローチしても届いていない可能性も十分にありえます。
このデメリットに関しては、開封したくなる件名になるように工夫をしたり、送信する時間帯を選んだりと試行錯誤しながらベストプラクティスを見つけることで回避することができます。

メール営業をするならアイランド・ブレインに依頼するのがおすすめ!

「開封されやすいメールの作り方がわからない」と思っている方におすすめしたいのが、アイランド・ブレインの問い合わせフォーム代行営業サービスです。
魅力はなんといっても、初期費用が一切かからず、業界最安値の1通16円で好反応リストや原稿を無料作成してくれる点です。

その上、営業実績についても、95%以上のお客様にサービス導入後の売上UPを実感しています。
問い合わせフォーム営業を依頼するなら、低価格で高品質な営業代行サービスを提供するアイランド・ブレインに依頼するのをおすすめします。

詳しくは以下の公式ホームページをチェックしてみてくださいね。

株式会社アイランド・ブレイン

まとめ

今回は、新規開拓方法として「メール営業」は有効なのか、メリット・デメリットを含めご紹介してきました。
いかがでしたでしょうか。
メール営業には大きなメリットもありますが、デメリットもあるのは事実です。
しかし、デメリットも工夫次第で解消することができるので、ぜひ新規開拓方法として「メール営業」を取り入れてみてくださいね!

営業コンサルティング会社
アイランド・ブレインでは
営業に関する悩みを無料相談受付中

ビジネスマンの男性シルエット
  1. 例1上手く契約がとれない
  2. 例2営業部長や同期の営業担当と
    人間関係がうまくいかない
  3. 例3テレアポのやり方がわからない
  4. 例4契約がとれる提案資料
    作り方がわからない
  5. 例5営業時のトークのコツを知りたい

といったようなお悩みを毎日いただいています!
あなたも是非アイランド・ブレインにご相談ください。

2,200社以上の営業コンサルで
成果を出し続けている敏腕営業マン
相談に乗ります!