メールフォーム営業マガジンはBtoB専門の営業代行・営業コンサルティングを行うアイランド・ブレインが運営しています。

メール営業の件名や文面はどうすればいい?例文を元にプロが解説

近年、営業スタイルは多様化しており、直接面談以外に特に問い合わせフォームを活用したメール営業は増えてきていると言われています。

それは、新規獲得手法である飛び込み、テレアポ等と比べ、開封率や精読率が高いこと、また決裁権を持つ管理職の目に留まりやすく、返信率が高い手法として注目を集めています。

そこで今回は、問い合わせフォームからのメール営業について、メール例文を用いてプロの目で徹底解説していきたいと思います。

問い合わせフォーム営業の件名や文面は?例文と共に紹介

それでは早速メール営業のポイントを解説していきます。

まず大切な要素は、「あなたのために考えたプラスになる提案ですよ」というメッセージをしっかり伝えること。
絶対に避けたいのは、一斉送信メールだなと思わせてしまうこと。
そう感じた場合は担当者の元へ届かない可能性が高まると認識して臨みましょう。

具体的なメール例文を用意したので、解説していきたいと思います。

<例文>

人事教育ご担当者様へジョブ型採用のマネジメント研修提案及び面談のお願い(株式会社▽▽ 〇〇) 【①件名】

平素よりお世話になっております。
株式会社▽▽の営業部○○と申します。【②自己紹介】

この度は、貴社人事教育ご担当部門の方に、新たなジョブ型採用のマネジメント研修提案及び面談のお願いでメールいたしました。【③目的】

弊社は、「■■」という経営理念の元、企業向けキャリア教育の先進的な在り方を研究し、他にない研修プログラムを提案しております。
私は入社して〇年、企業様向け営業一筋な中、本研修プログラム制作プロジェクトメンバーとして参画し、この度貴社に合わせたご提案をさせていただければと思います。

弊社は人材マネジメント研修事業において業界内でトップシェアの実績を持ち、その実績を支えるリピート率が70%を超える満足度の高いご提案ができることを特徴としております。
URL:○○【④自社紹介】

さて、VUCAの時代において、従来のジェネラリスト育成型ではなく、新しい働き方としてジョブ型雇用が台頭してきた中、貴社における新規事業である△△事業はスキルをいかに活用するかが重要である分野だと言われております。

そこで、本研修提案の重要度が上がっている可能性を感じ、今回弊社に何かお役に立てることはないかと考え、添付資料の通りご提案させていただければと思います。【⑤商材提案】

今回ご提案したい内容は、貴社の事業領域として市場環境変化が大きい分野となりますので、もしよろしければ他社状況を含めたレポートをご用意してまいります。
ぜひ一度意見交換の場を設けさせていただけますでしょうか。【⑥アポイントのお願い】

署名(連絡先、氏名)

① 件名

問い合わせタイトルは非常に重要です。
数多くの問い合わせメールから内容を見ていただくために、わかりやすく簡潔である必要があります。
「誰宛なのか、どんな目的なのか(送付元)」という形式がオススメです。
問い合わせフォーム窓口担当者にとって誰に転送したらよいかがすぐに判断できるようにするためです。

② 自己紹介、③目的、④自社紹介

簡潔な自己、自社紹介、目的の記載を心がけましょう。
事業領域および自社の独自性、他社との差別性を伝えること、その際に数字を含む客観性のある評価を入れましょう。

一方、昨今の共創社会において心を掴める可能性があるのが経営理念です。
冒頭で伝えることで、社会における役割を明文化して共感を生むことができれば信頼感は高まります。

また、自社HPがある場合は必ずURLを付けるようにしましょう。

⑤商材提案

どんな商材を売り込みたいのかを定型文で書くのではなく、送付先のニーズを読み解く、もしくは仮説を持って提案する形を心がけましょう。
そのために、提案先の課題抽出及び解決策の提案を納得感のあるストーリーに仕立てる必要があります。
当たり外れが生じる可能性はありますが、定型文よりヒット率は高まりますので分析を行った上での提案をおすすめします。

⑥アポイントのお願い

アポイントのお願いの際、何か情報やサンプルなど出せるものがあればぜひ差し出しましょう。
最初に出し渋ると新しい接点は生まれません。
一律なサービスではない姿勢を示すことが、次へのステップに繋がります。

問い合わせフォーム営業をするならアイランド・ブレインに依頼するのがおすすめ!

問い合わせフォーム営業のポイントやメール例文をご紹介しましたが、送付先ごとに内容を検討するのは非常に手間がかかります。
そこで、営業戦略も相談できる営業代行会社をうまく活用してみてはいかがでしょうか。

BtoB専用の営業代行会社、アイランド・ブレインなら、新規顧客開拓を目的として営業戦略を含めた業務依頼が可能となっています。
初期費用が一切かからず、業界最安値の1通16円で好反応リストや原稿を無料作成してくれます。
95%以上のお客様がサービス導入後の売上UPを実感しています。

詳しくは、以下のホームページをチェックしてみてくださいね。

株式会社アイランド・ブレイン

まとめ

今回は、昨今話題の問い合わせフォーム営業について、例文を見ながらプロの目から見て解説しました。いかがでしたでしょうか。
ロボットによる一斉送信と思われて削除されぬような工夫をしながら取り組んでみましょう。
ただし、より効率的にヒット率の高い営業を行うために、営業代行会社を活用するのもおすすめです。

営業コンサルティング会社
アイランド・ブレインでは
営業に関する悩みを無料相談受付中

ビジネスマンの男性シルエット
  1. 例1上手く契約がとれない
  2. 例2営業部長や同期の営業担当と
    人間関係がうまくいかない
  3. 例3テレアポのやり方がわからない
  4. 例4契約がとれる提案資料
    作り方がわからない
  5. 例5営業時のトークのコツを知りたい

といったようなお悩みを毎日いただいています!
あなたも是非アイランド・ブレインにご相談ください。

2,200社以上の営業コンサルで
成果を出し続けている敏腕営業マン
相談に乗ります!