メールフォーム営業マガジンはBtoB専門の営業代行・営業コンサルティングを行うアイランド・ブレインが運営しています。

東京都・オフィス賃貸業の問い合わせフォーム送信営業の導入事例をご紹介!成功させるポイントも解説

新型コロナウィルスの蔓延により、これまでのスタンダードであった働き方も随分と変化しました。
その中でも代表的な出来事といえば、リモートワークでしょう。
オフィスに行くことが当たり前だった世の中が、一気に変わったタイミングでもあります。

そんな大きな環境変化に戸惑ったのがオフィス賃貸業となります。
この状況下での新規開拓方法に難航している中で、問い合わせフォーム営業を導入したことで、短期間で成功した事例があります。

今回は、東京都・オフィス賃貸業の問い合わせフォーム送信営業の導入事例をご紹介いたします。成功させるためのポイントも解説しておりますので、どうぞ最後までご覧ください。

オフィス賃貸業が抱える業界特有の課題は「需要の掘り起こし方」

新型コロナウィルスの蔓延により、企業のオフィスに対する考え方は急激に変化しましたね。
リモートワークという新たな働き方が急速に広まり、多くの社員を抱える企業でも大きなオフィスを必要としなくなりました。

新型コロナウィルスがいつ収束するのかわからない中で、リモートワークをスタンダードとする企業が増加し、オフィスの場所も都心ではなく、郊外や地方も選択肢に入れるデメリットが少なくなりました。

オフィスを提供する企業として、このような新しいオフィスに対する考え方の提唱や、今までにない需要の掘り起こしをいかにできるかが、今後の売上アップを握るカギとなります。

東京都・オフィス賃貸業の問い合わせフォーム営業代行導入事例

新規開拓の中でも最も難しい課題の1つである「需要の掘り起こし方」ですが、世の中の当たり前が変わったコロナ禍でさらに難航を極めています。

そんな環境の中、問い合わせフォーム営業代行を導入したことで、新たな需要を掘り起こし、新規開拓することができた事例があります。

今回は、東京都・オフィス賃貸業の問い合わせフォーム営業代行導入事例を紹介していきます。

時代に見合ったアプローチを行うため問い合わせフォーム営業を導入

東京都の中でもオフィスが集まりやすい都心部を中心に、企業向けのオフィス開発・オフィス賃貸業を行っている企業からの依頼でした。

新型コロナウィルスの影響で在宅勤務者が増え、企業のオフィスに対する考え方にも大きな変化があり、これまでの営業手法でのアプローチの仕方でいいのかと悩んでいることをお伺いしました。

時代に沿った新しいコンセプトのオフィスを開発すると共に、その需要を取り込むための新しい営業手段の構築を模索していたところ、問い合わせフォーム営業があることを知り、圧倒的な営業代行実績のあることを魅力に感じていただき、弊社にご依頼いただきました。

これまでの経験とアイランド・ブレインが持つノウハウを融合したアプローチ方法を確立

これまでのオフィス賃貸営業の経験から、オフィスを移る時にはやはり近くの場所への移転が多いことが分かっています。
コロナ禍とはいえその傾向はまだ根強く、まずは借主を見つけたいオフィスをピックアップし、その周辺に位置する企業へのアプローチを重点的に行いました。

その中で、弊害となったのは営業候補先の企業から既存の取引先やアプローチ不可の企業を除く作業です。
ご依頼主の企業は、オフィス賃貸業の歴史が長く、事業規模も大きい企業であることから、クレームによる会社の信用失墜は避けなければいけません。

そこで、様々な営業代行を行ってきた弊社のノウハウを用いて、営業禁止先を除く処理を行うことによりお客様側の負担を軽減しました。
それぞれが持つ強みを融合して、有効なアプローチを行うことにつなげていきました。

単なる「営業代行」ではなく、お客様と同じ目線に立った「二人三脚の営業活動」

上記の営業禁止先を除いた営業リストの作成において、従来はお客様側でのチェックをお願いするところですが、それがグループ企業も含めた完全なチェックを行うことが難しいということを率直にお話いただきました。

そこで単なる「営業代行」で終わらない弊社は、弊社側での作業量や作業工程を増やし、かつお客様に手段を提示しながら共同で営業リストの作成を行いました。
この「二人三脚の営業活動」によって、営業リスト作成のスピードをあげることに成功しました。

また、エリアごとに案内する物件やその特徴の文章を変え、対象となる企業に対してきめ細かいアプローチを行い、短期間で入居企業獲得の成果を出すことができました。

4件の新規開拓に成功!従来の営業手法よりも圧倒的に高い費用対効果を実現

問い合わせフォーム営業を通じて15,000社の企業に対してアプローチを行い、4件の入居企業を発掘することに成功しました。

他にも、従来どおりの手法である電話営業や郵送によるダイレクトメールなど、いくつかの手段で入居企業募集の営業活動を並走していただきましたが、問い合わせフォーム送信からの成果が最も費用対効果が高いものとなりました。

今回の問い合わせフォーム営業の実績

・4件の新規開拓に成功

問い合わせフォーム営業を導入するならアイランド・ブレインへ

アイランドブレイン

「新規開拓のノウハウや時代に合った手法がわからない」「問い合わせフォーム送信を活用したことがなく導入ハードルが高い」と不安に思っている方におすすめしたいのが、アイランド・ブレインの問い合わせフォーム営業代行サービスです。

魅力はなんといっても、初期費用が一切かからず、業界最安値の1通16円で好反応リストや原稿を無料作成できること。
その上、営業実績についても、95%以上のお客様がサービス導入後の売上UPを実感しています。

問い合わせフォーム営業を依頼するなら、低価格で高品質な営業代行サービスを提供するアイランド・ブレインにぜひご依頼ください。

詳しくは以下の公式ホームページからチェックしてみてくださいね。

株式会社アイランド・ブレイン

まとめ

今回は東京都のオフィス賃貸業における問い合わせフォーム営業の導入事例をご紹介いたしました。
コロナ禍の特殊かつ、先が読みづらい環境の中でも、単なる営業代行ではなく、ともに営業活動を行うパートナーとして株式会社アイランド・ブレインはサポートをいたします。
問い合わせフォーム営業に少しでも興味が出てきましたら、お気軽にご相談ください。

営業コンサルティング会社
アイランド・ブレインでは
営業に関する悩みを無料相談受付中

ビジネスマンの男性シルエット
  1. 例1上手く契約がとれない
  2. 例2営業部長や同期の営業担当と
    人間関係がうまくいかない
  3. 例3テレアポのやり方がわからない
  4. 例4契約がとれる提案資料
    作り方がわからない
  5. 例5営業時のトークのコツを知りたい

といったようなお悩みを毎日いただいています!
あなたも是非アイランド・ブレインにご相談ください。

2,200社以上の営業コンサルで
成果を出し続けている敏腕営業マン
相談に乗ります!